好きと好きが足されても、喜びは2倍にはならんが。

なる時もあるーーー!

私は既に興奮しております!

好き×好きの成功例にあやかっております!

やっほーーーい!

刮目して見よ!

引用:女王蜂 『KING BITCH』Official MV

※文末からココに来た人用→戻る

この動画は10月27日に発売された「女王蜂」さんの『KING BITCH』のMVです。

このMVではアヴちゃん(Vo.Gt)と塩野瑛久さんが殴り合っているのです!

『最高やないかー!』の組み合わせ、コンセプトなのです!

異質・異様なバンド、女王蜂

「女王蜂」さんを知ってる方もいるでしょう!

わたしは「どろろ」のOPで知って以来、機会を見ては楽曲・MVのチェックをしています。

 

heyyy
ファンの「定義」を

「持続的にブランドに関与する意思を持つ顧客」

ー 引用元:日本マーケティング学会「「ファン」の定義に関する考察」より

※上記のファンは対象が特定のブランドでの定義

「日常では出会わないある特定の人物(グループ、チームを含む)に対して好意を持っている自称『ファン』である人」

ー 引用元:高松大学・高松短期大学「ファン態度とファン行動の関連性」より

と定義するなら私はファンであると言えるけど、ファン語源の「fanatic」(熱狂的な)を含むのであればファンではなく「好き・関心がある」となります。

熱心なファンからすれば「このニワカヤロー!」なレベルですが 「好き」とは言わせてくれよって話です。

 

女王蜂さんを好きになるきっかけとなったのが「火炎」という曲なんですが、このMVが中毒性を孕んでいまして...。

最初にYouTubeで見た時は連続で何度も見るぐらい衝撃だったのよ。

引用:女王蜂 『火炎(FIRE)』Official MV

MVってなんかオシャレじゃない?

色んなタイプがあるけど、なんだかんだやっててもやっぱりオシャレじゃない?

これを見た時は本気で『80年代~90年代あたりのバンドのMVをデジタルリマスターしたんかな?』って思ったの。

自分のセンスというのものがとうに死に体なのは理解したけど『他のMVもこういう作りなの?』と気になり、YouTubeにあがってる他のMVを見て、チャンネル登録をして、気に入った楽曲は落として・・・と、気付けば好き故の行動になってたわ。

 

そもそもさ、音楽を聞く機会自体が最近は減ってるから新しい曲を探しにいくこともしないのよ。

若い時はCDとカラオケ全盛期みたいなとこもあったから、新しい曲が出ればすぐに買ったけど今はねー。

だから、偶然にでも「好きだ!」と思える曲に出会うと嬉しくて仕方がない。

 

「コレもアレもいいよ!」とオススメしたいとこだけど、長くなるので止めておきますが、一つ言えるのは私は女王蜂さんの曲で「戦うぞ!」という気になります。(そういう曲は)

「やってやるー!」という力が漲ります。

なので本当は仕事で無茶な依頼がきた時なんかに聞きたいけどね。

集中出来ないから聞けないんだけどね。

むしゃくしゃした時なんかは自分を奮い立たせる為に聞いてます。

 

自分が好きな音楽を語る機会は滅多にないので、今回はこれだけでも大満足だわ。

機会あれば是非とも!聞いてほしい!

美男子ギャラリー、塩野瑛久

AbemaTVを時々見てるとAbemaのCMが流れてくるんです。

ちょうど今、放送されてる(2021/11/某日時点)「私たち結婚しました2」のCMで塩野瑛久さんを初めて見ました。

 

まずは、下の画像を見て!

「バンドのボーカルです」系美男

 

Kat-tunにいたかも系美男

 

上目遣いの匠系美男

 

甥っ子撮ったった系美男

 

ドンキ系美男

 

ガンガンに殴ってほしくなる系美男

 

いっかーーーん!どれもこれも貼りたくなるよーーー!

どれもこれも別人美男子に見えちゃうんだよー!

違う顔の美男子見たら『あの子もこの子も』ってなるもんでしょー!?

それとも加齢によって人の顔の認識が低下してんの?

これインスタから引用したから「塩野瑛久」さん!って分かるけど、バラバラに他人の画像と混じってたら、見分けをつける自信ないわ。

でも美男子だけを集める自信だけはあるけども。

 

AbemaのCMで見た時は「ミッチー(及川光博さん)の再来か!」って思ったぐらい王子様感が漂ってたんですが、別のシーンではチャーミングな顔をした美男子塩野さんがいる。

田辺誠一さんにも似てる気がするし、韓国のグループの誰かに似てる気もするし、間宮祥太朗さんにも似てる気がする。

塩野さん一人で何人分の美男子を拝めるのか!といった認識です。

 

今そのCMの「私たち結婚しました2」を見ている最中ですが「っかーーー!」と唸るばかりです。

目に毒になりやしないか、というぐらいに「っかーーー!」とさせてきます。

好き×好き=腹の底からあったかい

色んな情報を省略してますが、私が大好きだー!と思ってる「女王蜂」さんと「塩野瑛久」さんがMVで共演してるんです!

最初に貼った「KING BITCH」で!(Topに戻って見てみる

しかもこれ10月の話!

情報が遅い!

MVもすっごく良かったし、曲もかっこいい!

今回もアヴちゃんの衣装は面白い!

レスリングの人が着てるユニフォームかと思ったけど、水着なのかな?

何にせよ『木刀で殴ってください!』と思えたぐらいに殴る系美男の塩野さんも最高なんです。

 

そしてこの二人が対談している動画も!

※緊張してる感が伝わってモゾモゾした気持ちになります。

引用:女王蜂 『KING BITCH』 MV対談 <GUEST:塩野瑛久>

好きな対象と好きな対象が会話してるのってこんなに嬉しいものなのね。

見てるだけなのに、物凄い充足感。

『ワクワク』みたいな気持ちが腹の底からたくさん上がってきて、気持ち悪くなってくるわ。

 

この中でアヴちゃんの性癖と言いますか、今回のMVのコンセプト的なことを語っていますが「塩野さんと殴り合う!というチョイスをしてくれてありがとう!」なんですよ。

ちょこちょこちょこちょこ、アヴちゃんのこだわりポイント!というのを語っていて、どれもこれも「さすがよ!」と言いたくなるようなポイントばかり。

いい男の血塗れシーンはイイ!

heyyy
ちなみに動画内にて、「IHI」のCMでアヴちゃんは塩野さんを見出したらしいんですが、IHIさんは自分も仕事で関わるので(極々稀ですが)無理矢理感はありますがこういうのって運命を感じますよね!


自分の言いたいことだけ言って、すさまじく中途半端に終わりそうだけどコレを書くのに2ヶ月ぐらい要してるんです。

それぐらい興奮してしまい、文章の収集がつけられない。

久々に大興奮した一件でした。

おわり。